システム開発のプロフェッショナル集団

PHP / Ruby / iOS / Android / AWS のことならお任せ下さい。
WEB技術・アプリ開発には自信があります。

ソリューション

  • WEBシステム開発
    WEBシステム開発
    PHP・Rubyの技術を中心に、企画から開発、運用まで10年の実績がございます。
    熟練のSE/プログラマがハイクオリティ、ローコストで開発致します。

    READ MORE

  • スクール運営
    プログラムスクール運営
    プロのIT技術者集団が運営するエンジニア育成スクール「SkillCamp」。 10年の開発ノウハウを元に作成した最高の学習プログラムを提供します。

    READ MORE

  • アプリ開発
    アプリ開発
    企画・UI/UX設計・デザイン・開発・運用まで全てワンストップ。
    アプリ開発・運用で培った経験とノウハウを活かし、お客様のアプリ開発プロジェクトを強力にサポートします。

    READ MORE

Works

「10年を超える実績と適切な金額、
一歩踏み込んだ提案内容が決め手でした。」

株式会社 ファーストエージエント様
業種:医療

医療業界でMRとして活躍した後に、医療機器中古販売や、
ドクターのバイト斡旋事業を柱に2012年に開業。
一歩踏み込んだ提案内容が決め手でした。

詳しく見る

SkillEngine

スキルエンジンは豊富な実績で
多くのクライアント企業に利用されています。

上記は開発実績の一部です。

Webシステム・アプリ開発の事なら、
何でもご相談ください

スキルエンジンに
気軽に相談してみる

スキルエンジンの3つの特徴

  • 01

    話しやすい
    お打ち合わせはいつも和やかな雰囲気で進めています。些細な相談でも丁寧に説明します。システム開発成功の鍵は、初回の打ち合わせが肝心だといっても過言ではありません。
  • 02

    100%自社開発
    自社開発のメリットは、外注を利用する際に発生する間接コスト削減、豊富な技術資産による開発スピードの向上にあります。低価格・高品質の弊社サービスを是非ご検討ください。
  • 03

    高度な技術力
    WEBシステムやアプリ開発からサーバ構築までワンストップで提供する事が可能です。 また常に最先端の技術動向をキャッチし、高度な技術力で最高のソリューションを提供します。

こんな悩みはありませんか。スキルエンジンが解決します。

  • 予算が決まっており費用面が心配。金額が相談できる所がないか探している

  • 現在のシステム開発会社の対応に満足できない

  • 企画の段階から協力して頂ける所を探している。

  • 業務システムやアプリを作りたいがどう進めていいのか分からない

  • 業務で使える高品質なiPhone,iPad,Androidアプリが必要だ

  • 他社で開発したシステムのメンテナンスで困っている

  • 新卒や社内エンジニアにIT講習や技術トレーニングをしてほしい

  • サーバ構築やAWSに強い会社を探している

Information

開発ブログ

  • 2018.08.15
    CordovaとVue.jsでjsonデータをパースし一覧表示する方法(サンプルコード有)
    ReactやAngularを使う人が増えているものの、依然、 Cordovaでハイブリッドアプリを構築する際、フロントエンドにvue.jsを使う方は多いと思います。 Vue.jsでは、APIへの接続及びデータ取得、一覧表示までをシンプルに実装することが できます。 --------------------------------------------------------------------------------------- 1.cordovaとvue.jsはインストール済みとします --------------------------------------------------------------------------------------- 2.共通ファイルにAPIの処理を実装します プロジェクト名/src/utilに、api.jsというファイルを作成します。 今回は、axiosのgetメソッドを使用してAPIに接続します。 ここに作成したファイルを後程コンポーネントでインポートします。 --------------------------------------------------------------------------------------- import axios from 'axios' //今回はAPIリクエストにaxiosを使用します import NeDB from 'nedb' //インメモリdbのインポート import assert from 'assert' export {loadData} //loadDataとしてconponentにエクスポートします var db = {} //取得したjsonのデータをインメモリのdbに格納します function saveData (name, locale, docs) { if (!db[name]) { db[name] = {} } if (!db[name][locale]) { db[name][locale] = new NeDB() } for (const doc of docs) { const keys = { _id: doc._id } db[name][locale].update(keys, doc, {upsert: true}, (err, numAffected, affectedDocuments, upsert) => { // console.log(err, numAffected, affectedDocuments, upsert) assert.equal(null, err) }) } } //以下のfunctionでAPIからjsonを取得します function loadData (name, locale) { //インメモリのdbを参照しデータが格納されていれば返答します if (db[name] && db[name][locale]) { return new Promise((resolve) => { db[name][locale].find({}, (err, docs) => { assert.equal(null, err) resolve(docs) }) }) } //URLを定義します。慣れてきたら.envにURLを定義して共通化しましょう。 const url='http://hogehoge/hogehoge' return axios.get(url) //URLにgetメソッドでリクエスト .then((response) => { //.then(引数)で成功した場合にレスポンスデータを返す return(response.data) return new Promise((resolve) => { //インメモリdbにデータを保存 saveData(name, locale, response.data) resolve(response.data) }) }) } --------------------------------------------------------------------------------------- 3.componentディレクトリでjsonのパース、一覧表示 次に、api.jsから返答されたデータを一覧表示します。 api.jsをインポートし、返答されたレスポンスデータをv-ons-listにバインドしています。 --------------------------------------------------------------------------------------- v-ons-page#main .top v-ons-row.image v-ons-col img(src="../../assets/images/sample.jpg") v-ons-row.barcode v-ons-col barcode#barcode(value="*123456-CODE128*",background="transparent",height=45,width=2) v-ons-list#list v-ons-list-header {{ $t('attractions.title') }} v-ons-list-item(modifier="chevron",tappable,v-for="datum of data",:data="datum",:key="datum._id",@click="showModal(datum)") {{ data['banners'][0]['imageURL'] }} //{}内に取得したデータの要素を記述します。また、v-for=”datum of data”で 配列からループで要素を表示します(foreach的なやつです) javascriptに関しては、以下をスクリプトタグで囲んで 同じファイル内に記述します。 //api.jsからloadDataをインポート import {loadData} from '../../util/api' import VueBarcode from 'vue-barcode' export default { name: 'pass', components: { 'barcode': VueBarcode }, data () { return { data: [], modalVisible: false, currentDatum: {} } }, watch: { '$i18n.locale': function () { this.reload() } }, mounted: function () { this.loadData() }, methods: { loadData: function () { loadData('pass', this.$i18n.locale).then((json) => { //取得したjsonを変数に格納します this.$data.data = json }).catch((err) => { console.error(err) this.$data.data = [] }) }, reload: function () { this.loadData() }, showModal: function (datum) { this.$data.currentDatum = datum this.$data.modalVisible = true }, makeBarcode: function () { // qrcode.toCanvas(this.$refs.qrcode, 'Test Data') } }}

    READ MORE

  • 2016.09.13
    PHP基礎講座-基礎用語や前提知識
    プログラム学習する上で、用語の正確な理解や、基本的な概念を抑える事は とても大切な事です。 まずは、基礎用語を押さえて行きましょう。 ・プログラム ・サーバ ・全角/半角入力 ・SE ・アドレスバー ・ブラウザ ・IE/Chorme/Safari ・Windows/Mac ・iphone/Android ・ブラインドタッチ ・ショートカットキー ・コピぺ ・メーラー ・Webサーバ ・DBサーバ ・メールサーバ ・Apache ・OS ・Linux/Windows ・PHP ・Ruby ・Mysql ・Postgre ・postfix ・smtp ・ftp ・pop ・文字化け ・改行コード ・フローチャート ・デバック ・エディタ 以上となります。 不明な用語は、各自必ず調査して理解するようにしてください。

    READ MORE

代表ブログ

  • 2018.07.22
    日本ユニシス様と共同で「収納サービスプラットフォーム」を開発・リリースしました。
    スキルエンジン株式会社は、日本ユニシス株式会社と共同で「収納サービスプラットフォーム」のサービスを開発しました。 本サービスは、サービス事業者に「収納サービスプラットフォーム」を提供し、 サービス事業者とともにスピーディーにサービス提供を行うことで、そうした社会課題の解決を実現します。 近年、都心部の暮らしや住環境は、収納スペースが狭いなどさまざまな社会課題があります。 また、サービス事業者は、倉庫保管料や配送料の高さなどネットビジネス参入に悩みを抱えています。 日本ユニシスとスキルエンジンはサービス事業者に「収納サービスプラットフォーム」を提供し、 サービス事業者とともにスピーディーにサービス提供を行うことで、そうした社会課題の解決を実現します。 「収納サービスプラットフォーム」は、IoT技術やクラウドを活用して、サービス事業者が容易に利用できる仕組みとなっています。 導入事業者として、 ベアーズ様「なんでも荷物お預かりサービス」をリリースしました。 https://bears-box.net ベアーズ様は、「収納サービスプラットフォーム」を利用し、 ベアーズ様のマンションコンシェルジュサービスに新しい付加価値を提供する「なんでも荷物お預かりサービス」を提供しています。 収納サービスプラットフォームのビジネスフローイメージ 収納サービスプラットフォームのサービス概要 項目 内容 ITサービス 利用者向けサイト 会員情報管理、各種依頼(預入/引出)、荷物情報管理 管理者向けサイト 会員情報管理、依頼情報管理、荷物情報管理、荷物入出庫指示、特典管理、統計情報、各種メール配信、検品動画機能 プロモーションエンジン サービス企画支援、集客支援(デジタルプロモーション、ポスティング、メディアなど) 保管倉庫アセット 入出荷サービス、ピッキング、出荷梱包、WMSとのAPI連携 宅配アセット 契約代行 ライフサポートアセット 異業種連携促進のためのAPI連携 決済代行 クレジットカード決済

    READ MORE

  • 2016.09.01
    PHP技術者認定上級試験について
    ITスクール開校に伴い、実力試しに PHP技術者認定機構が実施しているPHP技術者認定上級試験を受けてきました。 こちらの資格は、合格ライン7割以上となっており難易度は高めになっています。 問題は60問出題され、出題範囲は基本的な文法からセキュリティや最新のWEBアプリケーションテクニックまで多岐に渡ります。 実際に試験を受けた感想は、PHPでのコーディングスキル以外に、インフラ構築やアーキテクチャに関わる実務を数年経験していないと解けないような問題が多数あり、手強かったです。 結果は合格でしたが、スキルブラッシュアップの機会になりました。

    READ MORE